英語学習

【瞬間英作文】英語のスピーキングを伸ばす方法!

あなたは、瞬間英作文を知っていますか?

 

「英語を話せるようになりたい」、「言いたいことが口からスグにでるようになるにはどうしたらいいのかなぁ??」、「英語のスピーキング力を上げる方法を教えてほしいー」

 

今回は、こういった悩みを持っている「英語のスピーキング力を伸ばしたい人」に向けて、「スピーキング力を高める瞬間英作文」を紹介したいと思います。

 

この記事を書いている私は、瞬間英作文を始めて英語のスピーキング力をレベルアップすることができました。

 

それまでは、簡単なことすら言えないでフラストレーションが溜まっていました。

 

ただ、コツコツと瞬間英作文でトレーニングして言いたいことも瞬間的に言えるようになりました。

 

この記事を読むことで、英語のスピーキング力を上げる方法を理解することができましす。

 

では、さっそく英語のスピーキング力を伸ばす瞬間英作文についてみていきましょう!

英語のスピーキング力を伸ばすにはステップがある!

スピーキングには、いくつかのステップがあります。

言いたいことが決まっている!

先ずは、言いたいことがハッキリしている必要があります。

 

仮に、日本語で何かを話す場合もあなたが何を言うか決まっていないと話になりません。

 

もちろん、適当に流すような会話であればそれでも成り立ちますが。

 

たいていの場合は、あらかじめこれを話す。

こう言うっと決めてから話すと思います。

 

英語も同じ。

 

言いたいことを決めておく。

これは、基本です。

英語に対応する表現を知っている!

言いたいことが決まったら、それを英語にする必要があります。

 

考えが既に英語になっている人は、先ずいないでしょう(笑)。

日本語やイメージを英語にする作業が必要になります。

 

最初は、時間が掛かります。

時間がかかっても英語にできないこともあるでしょう。

 

それでいいんです。

むしろ、日本語から英語に対応する表現を復習していけばいいんです。

 

一つ一つ大事にやっていきます。

 

そうやって、英語に対応する表現を覚えていくことが重要になっていきます。

 

脳の回路がしっかりできている!

日本語から英語に変換できるようになったら、あとはスピードだけです。

 

瞬時にできるようになればいいのです。

それには、脳がどんどんレベルアップしてもらはないと。

繰り返し練習していると脳は、それをスムーズにするように変化していきます。

 

脳の回路がどんどん強くなっていく。

あなたは、反復練習させしていればいいのです。

瞬間英作文は最適なトレーニング方法である!

瞬間英作文は、いろいろなメリットがあります。

スピーキング力を向上するためのステップを網羅しています。

簡単な表現をストックできる!

先ずは、簡単な表現を学ぶことができます。

 

「なんだ、こんな表現か」と思います。

ですが、知っていることと話すことは別物です。

 

ホントに違います。

 

なので、話すための表現を一から復習します。

簡単な表現を見て、ストックしていく。

 

地道な練習。

 

ですが、意味があるのです。

耐えましょう。

 

英語に置き換える訓練ができる!

英語にする能力。

これを養います。

 

一度も英語にしたことがない表現は使えません。

ですが、何度も変換した慣れているものは使える。

 

なので、英語に置き換える訓練が大事。

 

どんどん英語に置き換える。

 

適当にやらないこと。

 

イメージすること。

 

日本語から英語に適するものをイメージする。

 

この練習ができる。

瞬間英作文のいいところです。

反復練習で瞬発力が鍛えられる!

会話は、スピードが大事。

いうまでもありませんが、遅いと会話は流れてついていけません。

 

1分後に英語にできても、それが許されるのは稀でしょう。

 

なので、瞬発力が大事なのです。

 

それには、何度も何度も同じ表現を訓練する必要があります。

イメージを英語に一瞬で変える。

 

このようなスピードを手に入れるまで繰り返す必要があります。

 

続けてさえいれば、そのうち手に入ります。

妥協は許さず、鬼になりましょう(笑)

瞬間英作文のやり方!

ここまでで、瞬間英作文のメリットが分かって頂けたと思います。

 

それでは、これから肝心のやり方を紹介します。

簡単な例文を用意する!(こだわりがなければ瞬間英作文を使う)

先ずは、題材となる例文を準備します。

これは、自分のレベルよりも易しいものにします。

 

中学英語で十分すぎます。

 

スピーキングなんて、簡単な表現の組み合わせ。

簡単なことが言えるようになれば、レベルアップするのは難しくありません。

 

なので、先ずは簡単なところからスタートです。

 

くれぐれもレベルを落としてやってください。

それでも何を選べばいいか迷う人は、瞬間英作文の本をそのまま使って下さい。

 

日本語を英作文して口に出してみる!(出てこなければ答えを見て声に出してみる)

日本語を見て、英作文する。

その後、口に出して下さい。

 

恐らく、英作文できないと思います。

 

それで問題ありません。

その場合は、英語の例文を見て下さい。

 

但し、日本語のイメージと英語のイメージを一致させるようにしてください。

 

イメージをしてさえいれば、問題ありません。

 

一日のノルマを設定してとにかく反復練習する!

とにかく、毎日やってください。

 

一日のノルマを決めて、英作文する。

できなくても反復練習する。

 

これが重要です。

 

日本語から英語にするイメージを作っていく。

 

反復はこのイメージ力を強めることができます。

 

それと同時に脳の変換回路ができてきます。

やっていくうちに負荷が減ってきます。

 

ホントに最初は辛い。

これは、わかります。

 

ただ、最初が一番つらい。

やればやるほど、易しくなります。

 

あきらめず、続けましょう。

瞬間英作文の注意すべきこと!

 

念のため、瞬間英作文の間違った使い方を紹介しておきます。

 

最初に知っておいた方が良いと思います。

暗記しようとしない!?

けして、暗記ではありません。

 

変換するイメージを養う訓練です。

どんな時も英作文できる。

 

自分で応用できるようになる。

口から瞬間的に言えるようになる。

 

これは、暗記でできるようになりません。

副産物として暗記している分には構いません。

 

ですが、暗記しようと意気込むのはやめましょう。

 

それよりも、イメージです。

反復です。

現状レベルよりも一段やさしいもの例文を使う!

易しいものを使ってください。

 

こんなのでいいのかなって思うレベルでいいのです。

そのようなものであっても、英語にすると案外できなかったり、時間がかかったりすると思います。

 

そのようなものを続けて、できるようにする。

スピードを早める。

 

これを練習するほうが、難しいものをやるよりも効果があります。

絶対に易しいものをやって下さい。

 

難しいものは、そのあとでもできますよ(笑)

 

何度も何度も繰り返してスピードを早める!

とにかく何回も訓練して下さい。

 

何が起きてもスグに言える。

スピードを早めておく。

 

正確にできるようにしておく。

 

これを極めて下さい。

 

そうじゃないと、会話の時つかえませんよ。

 

完ぺきにきわめておく。

まとめ

瞬間英作文は、英語脳を作るキッカケにもなります。

 

言いたいことを英語にする。

これを回数をこなして、スピードを早くしていくのです。

 

いつの間にか瞬間的に英語にすることができる。

そのような境地に達するには、継続的な努力が必要です。

 

地道なトレーニングですが、やればやるだけ磨かれていくことでしょう。

 

そうやって身に付けたスキルは、一生もの。

ネイティブを前にしても、焦ることなく対応できるのです。

 

ぜひ、しっかりした努力を継続してスピーキング力を身に付けていってほしいです。

 

あなたも瞬間英作文でスピーキング力を爆上げしていきましょう!

 

-英語学習

© 2021 まさブログ Powered by AFFINGER5