英語学習

【教材で変わる】英単語の暗記方法を2か月で3000語覚えた私が解説!

2020年10月6日

英単語を覚えたいけど、単語が多いと覚えられるか心配。短期間で覚えられる方法ってないのかなぁ。誰か実際に体験した良い方法を教えてー。

 

今回は、こういった悩みを持っている「英単語を最速で覚えたい人」に向けて、「教材で変わる英単語の暗記方法」を紹介したいと思います。

 

この記事を書いている私は、TOEIC400台レベルから2か月で英単語3000語を覚えることができました。
現在も単語数12000語を復習して、ビジネス英会話、ネイティブとの英会話へ語彙を活かしています。

 

それまでは、「なぜ覚えられないのだろう、能力がないのかなぁ」
なんども挫折しました。
必死に勉強して、やっとTOEIC400、単語数を調べるとギリギリ3000語ぐらいでした(笑)

 

平凡な私でも、これから紹介する英語暗記法を実践することで最短でたくさんの英単語を覚えることができました。

 

正直に言って、大量の単語を暗記している人は、ほとんどがこの方法を実践しています。

 

今回は、昔の私のように英単語が覚えられない人に向けて、とっておきの英単語暗記法を体験を交えて紹介していきます。

では、さっそく英単語の暗記について解説をしていきます。

※究極の英単語の体験レビューはこちら↓
究極の英単語の体験レビューと暗記方法紹介【TOEIC400台対象】

タップできる【目次】

①英単語を覚える必要性

先ず、英単語を覚える必要性について理解する必要があります。
なぜならば、どんなレベルでも英単語は必須だからです。

満足できる英単語がない場合は、確実に足を引っ張ることになります。

ここでは、レベルごとに必要な英単語数とメリットを解説します。

日常会話に必要な英単語は2000語

私たちが生活する上で、必要な英単語は2000語と言われています。
これは、会話に必要不可欠な単語です。

2000語を覚えていないと、先ず意思疎通ができません。
さらに、簡単な文章も読むことも厳しくなることでしょう。

逆に、これさえ暗記していればコミュニケーションが取れてしまいます。

ビジネス英会話に必要な英単語は3500語~10000語

さらに、ビジネスに必要な英単語数は日常会話よりも多くなります。

もちろん、内容は仕事によるので一概に言えないでしょう。
ですが、だいたい3500語~10000語と言われています。

ミーティング、メール、セールス、法律といった多岐に渡りますよね?

語彙数があれば、多少コミュニケーションが不自然でもアドバンテージになります。

専門的な雑誌を読むために英単語は12000語~15000語

さらに、ネイティブが使っている会話や専門雑誌の「TIME、Journal」など読むには、
12000語~15000語ないと厳しいと言われています。

文脈で推測できると思うかもしれません。
ですが、何個も単語が分からないと変な勘違いをする可能性があります。

12000語~15000語は、中学生のネイティブレベルだそうです。
少し、イメージできるかと思います。

深い話や洋書をどんどん読みたい人は、英単語は必須です。

ネイティブスピーカーは英単語20000語~30000語

「じゃあ、結局無限に覚えないといけないのかなぁ」
このような疑問がでてきますよね?

安心してください、ネイティブスピーカーでも20000語~30000語と言われています。
これは、細かい単語を使い分けることができるレベルです。

ほぼネイティブスピーカーと呼べることでしょう。

②英単語を覚えるコツ

(1)とにかく繰り返すこと

結論から言いますと、シンプルに繰り返すことです。

「なんだぁー、そんなことかよ」と思うかもしれません。
ですが、今までの方法と違います。

そして、ちゃんと根拠とコツがありますのでどうか最後まで読んでみてください(笑)

人の記憶は、忘れるようにできている

先ず、前提として人は忘れる生き物です。

これは、本能なので仕方ありません。

ごく自然なのですから。

短期記憶から長期記憶にすることが覚えたということ

では、どうやって覚えているのか?

これは、大事なものと不要なものを区別しているのです。

不要なものは、一旦短期記憶へ。

大事なものは長期記憶へと保存されます。
長期記憶に保存されるとずっと覚えられるのです。

逆に短期記憶は、すぐに消えてなくなってしまう。

単語暗記は、長期記憶にすることが必要なのです。

なんども見ている内に大事なものと錯覚する

では、どうすればいいのか?

簡単です。

さきほども言ったように繰り返すこと。
なんども見ている内に大事なものと判断されるのです。

要は、脳をだまして覚えさせればいいのですよ。

(2)1回で覚えようとすると記憶のメカニズムからして効率が悪い

次に、やってはいけない方法を紹介します。

恐らく、一度はやったことがあるのではないでしょうか。

1回でしっかり覚えようとするな!

一回で覚えようと時間を掛けることです。

これは、ホントに効率が悪い。

だって、一回見たぐらいでは短期記憶にしかなりませんから。

どうせ忘れるのに、時間を掛けるのはナンセンス。

見たり、聞いたり、使ったりした頻度が多いとほど、覚えやすくなる

それでは、どうすればいいのか?

コツは、接する機会を増やすのです。

それも、五感を使ってやるのがベスト。
声に出してみたり、見たり、聞いたり。

要は、単語に出会う頻度をふやすことです。

(3)具体的な暗記方法を紹介~究極の英単語Vo.2を使用~

それでは、具体的に究極の英単語を使って、どのように覚えたのか説明します。

毎日500単語を復習する!2秒1単語を目安

究極の英単語には、3000単語収録されています。

なので、まず、単語を500語ずつグループ分けをする。

この500語を1日のノルマとします。

一見多く見えますが、一気に繰り返すのが肝。

ノロノロと10個ずつやっていては、いつ終わるか分かりません(笑)

そして、気付いたら単語帳を投げ捨てている。
時間も労力も無駄になってしまいますよね?

 

もう、ノロノロ単語暗記はやめて下さい。
多そうに見えて、早く覚えられて実は成功しやすいのです。

 

意外ですよね?

1日目1~500語、2日目501~1000語・・・1週間で1冊終わるように

そして、500語に分けたものをグループ1、次の500語をグループ2と仮に呼びます。

すると、1日目はグループ1、2日目はグループ2、・・・6日目はグループ6で1冊完了。

これを、1か月で4周、2か月で8周程度やります。
まぁ、1週間は7日なので10周はいけます(笑)。

とにかく、繰り返すのです。

2か月で10周ぐらい繰り返す・・・後半の伸びが凄いので覚えていなくても気にしないこと

2周目であっても、確実に忘れていますが問題ありません。

3周、4周とやっていくうちにどんどん覚えている単語がふえてきますから。

そして、覚えていると嬉しいのでもっと覚えやすくなります。

脳は、ポジティブに考えると良く働くようですよ。
気にせず、繰り返すことに集中して下さい。

(4)究極の英単語Vo.2の体験レビュー

最後に、私が究極の英単語Vo.2をやってときの体験を紹介します。

始めたばかりはとても大変だったので、覚えようとせずに続けることにフォーカスした

実は、始めたときはホントにつらかった。
まず、単語を開くのさえ億劫だった。

なにしろ、単語帳をいつやるかまばら。
気分に頼ってしまうと、やらない日もしばしば。

ですが、やる時間を決めて、単語帳を見えるところに置くようにしました。
そして、時間が来るとやる。

覚えようとせず、ただ作業をすることにフォーカスしました。

すると、徐々に苦痛が減りました。
ホントに嫌だったのが、やらないと罪悪感がでるまでなってしまいました(笑)

続ける習慣化がポイントです。

500単語終えるのに1時間以上かかった

そして、最初は1時間以上かかっていたものの、今では30分で終わります。

作業スピードも加速する。

ここまで、来ると楽しい作業になってきますよ。

仮に覚えていなくても、継続すれば問題なくおぼえられる

もし、仮に覚えていなくてももっと繰り返す。
私は、覚えてからも30周以上繰り返していますよ。

なので、あなたが、10周で覚えられなくてももっと増やせばいい。
スピードも記憶率も上がりますから。

あとは、時間の問題。

焦らず、コツコツやるのもいいかもです(笑)。

③英単語の覚え方は中学生・高校生で変わる?

中学生はテスト形式が最適

中学生で習う英単語は全部で1200語程度と言われています。

中学一年生500語、中学二年生400語、中学三年生300語です。
これぐらいであれば、テスト形式がおすすめ。

なぜなら、テスト形式は覚えているものと覚えていないものをハッキリ仕分けしてくれるからです。
仕分けした後で、覚えていないものを集中して覚えます。

これが、効率の良い覚え方です。

高校生はとにかく回数をこなす

高校生が習う英単語は、1800語と言われています。
進路によってことなりますが、大学受験に必要な英単語は3000語程度です。

中学生レベルから高校生に上がると、単語自体がむずかしくなり大変ですね。
そのため、ほぼ新しい単語を覚えることになります。

なので、テスト形式よりも回数をこなす覚え方にすべきです。
回数をこなすとは、前に説明した復習する頻度をふやす方法。

④覚える時、ノートに書く必要は良いの?

こちらは、どうしても覚えられない単語や少ない単語数を覚えるときに最適です。
数10個~数100個程度までが対象。

意識をその単語に向けることができるので、覚えやすくなります。

ただし、単語数が1000語とかを超えるものをノートに書くのは、おすすめしません。

効率がわるいです。
それをやるぐらいなら、少しでも見る回数をふやしましょう。
ノートに書くより、効率が上がりますから。

⑤覚える時、音楽を聴くのは良いの?

音楽を聴くのは、メリットがあるし、デメリットでもある。

え、どっちなの?
と思うかもしれませんが、ホントです(笑)

メリットがあるというのは、クラシックや落ち着いたリラックスできる音楽に限ります。
脳の集中力を高めてくれる科学的根拠がありますよ。

一方で、激しい音楽はおすすめしません。
集中力が切れてしまいます。

わたしは、落ち着いた曲を流す程度にしたほうが良いと思います。

⑥一夜漬け、1日での暗記は良いの?

一夜漬けは、短期的な成果を出す場合にかぎります。

なぜなら、短期記憶ですぐに忘れてしまうからです。
短期記憶から長期記憶にするには、コツコツ繰り返し。

目的がホントの記憶定着ならば諦めて毎日やることです(笑)

⑦英単語の暗記にベストな教材

英単語の暗記にベストな教材

究極の英単語シリーズをおすすめします。

このシリーズは、全4冊。
レベルごとに分かれているため、扱いやすいからです。

詳細は、究極の英単語の体験レビューを参考にして下さい。
究極の英単語の体験レビューと暗記方法紹介【TOEIC400台対象】

 

まとめ

今回は、究極の英単語Vo.2を使用した単語暗記法を開設しました。

ただ、これはどんな単語帳でも通用する方法です。

どんな単語帳でもできるので、どうしても覚えられない人はぜひ試してみてください。

いままでの、覚え方と根本的に違うと思いますよ。

-英語学習

© 2021 まさブログ Powered by AFFINGER5