英語学習

究極の英単語の体験レビューと暗記方法紹介【TOEIC400台対象】

2020年10月4日

究極の英単語シリーズを使ってみたいけど、たくさんあるから何を使えばいいのかなぁ。レベルにあったものを選びたいなぁ。誰かどれを選べばいいか詳しく教えてー。

 

今回は、こういった悩みを持っている「究極の英単語を始めようと思っている初心者」に向けて、「究極の英単語シリーズ」を詳しく紹介したいと思います。

 

この記事を書いている私は、2019年の5月から究極の英単語シリーズのNo.2~4をを開始して短期間で語彙力をアップすることができました。

それまでは、単語力を測定すると3000単語程度でしたが、使用後は10000語を超えました。
今も継続中です。

究極の英単語シリーズは、12000語という豊富な単語を収録しています。
4冊あって、それぞれ3000語を重複なく学ぶことができます。
語彙力強化には非常におすすめな単語帳といえます。

ですが、私が始めようと思ったときに4冊のうちどれを使えばいいのか?
という疑問があったのでここでは、昔の私のような悩みを持った人に向けてこの単語帳がどういったレベルでどれを選べばよいか紹介していきます。

 

ちなみにこの単語帳を開始したときのTOEICスコアは400点台でした。
参考にして下さい。

 

では、さっそく究極の英単語の解説をしていきます。
【英単語の暗記】究極の英単語Vo.2を実践【2か月で余裕な方法】

①それぞれの究極の英単語について紹介

究極の英単語Vo.1は中学1年生が学ぶようなレベル~初心者

究極の英単語Vo.1は、こちらは中学1年生が学ぶ「play、go、see」といった基礎単語が

収録されています。

中学生レベルがちょっと自信ないという人はこちらからどうぞ。
私は、中学生レベルの単語は一通り学習済みでしたのでこちらは使用していません。

書店でパラパラ見て、問題ないと判断ました。

中学生の教科書を読んだときに分からない単語があったら、
必須単語が抜けている可能性があるので学びなおした方が良いと思います。

それ以外の人は、スルーしてしまっていいと思いますよ。

究極の英単語Vo.2はTOEIC400~730点レベル~中級者

こちらの単語帳は、実際に使用しました。
こちらは、TOEICでも絶対に出てくる単語が入っています。

レベルとしては、TOEIC400~730点レベル。
いわゆる中級者層ですね。

こちら、大丈夫かなと思っていましたが、意外に漏れていた単語がありました。
35周くらい繰り返して、瞬時に意味が言えるようになるまでやりました。

ここまで、やる必要はなかったのですが繰り返すうちに時間も短縮されたので
そこまで負荷はありませんでした。

5か月ぐらい継続しました(笑)

究極の英単語Vo.3はTOEIC900レベル~上級者

こちらの単語帳は、初めは知っている単語は全然ありませんでした。
一から覚えました。

レベルとしては、TOEICの上級者レベルですね。

具体的には、権威性があるとか、口論するとかですね。
これを完璧にしたら、TOEICの記事で躓くことはほぼなくなります。

私は、まだ復習していますが30周は繰り返しました。
一部の単語を除いて、ほぼ完ぺきに覚えていますね。

こちらは初めて、4か月ぐらいだと思います。
Vo.2よりも効率が上がりました。

これは、やり方の勝手がわかってきからだと思います。

これは、日常会話でも使える単語帳です。
表現の幅が広がると思います。

究極の英単語シリーズの中で、一番おすすめと言えます。

究極の英単語Vo.4は英検1級の語彙レベル~超上級

最後の究極の英単語Vo.4は、英検1級の語彙問題レベルです。

こちらは、ピンとこないかもですが、日常生活でほぼ使わないもの。
専門用語です。

例えば、冠状動脈とか、裏目に出るとか

そんな感じです(笑)

単語マニアですよ、ホントに!

この単語帳は、15周ぐらいですね。
まだ、全然です。
おそらく20%程度ですね。

3か月ぐらい経過しています。

ただ、繰り返し内に急激に成長していきます。

「あ、これやった」という体験が増えていきますから。

最初の10周は、つらい。
でも、Vo.3で何回もやるうちに覚えることを経験しているので気になりませんでした。

②暗記は頭の良さは関係ない~とにかく回転率を上げるだけ

ここで、何度も挫折してきた私がおすすめする単語暗記法を紹介します。

ここまで、紹介して来ましたが、単語帳に苦労してきました。
どうしても、つまらない、退屈。

ホントに苦痛ですよ。

でも、それは、覚えようとしていたからでした。
やり方が間違っていただけで、能力がなかったわけではありません。

これから、それを紹介していきます。

暗記のコツは、なんどもくりかえすこと

とにかく、なんども繰り返す暗記法に変えました。

ページを見て、発音。
文章を読むのがベストですが、辛いので単語だけ発音しました。
それで、次の単語に移動する。

これだけ、時間にして1秒。

その代わり、毎日やります。

忘れてもいいから100~1000語を復習する

さらに、ターゲットとする単語は、少なくとも100から1000語とします。
私は、500語としました。

多いと思うかもしれませんが、安心してください。

忘れてもいいですし、覚えようとしなくていいです。
ただ、発音すればいいのですから。

それをとにかく毎日繰り返す。

毎日同じ500語を復習する。
何度もやって覚えたら、次の500単語に移る。

または、月曜日に500語やったら、火曜日に次の500単語、水曜日に次の500単語というように進む。

私は、最初は前者でしたが、次の500単語に移ったときの絶望感があったので今では後者になりました(笑)

大雑把な人は30往復すれば良い話

結局何回やればいいの?

っていう思いがあるかと思いますが、結論30周もやればだいたい覚えます。

もちろん、状況が違うので一概に言えないと思いますが。

ただ、やっている内に復習時間は激減します。

私は、究極の英単語Vo.2,3であればそれぞれ500単語を1時間で復習できてしまいます。

始めた時に比べて半分になりました(笑)

 

③30回繰り返したら5か月で6000単語以上覚えることができた

始めは辛いけど、毎日やる習慣にする

私は、30周単語帳を繰り返したおかげで5か月で語彙レベルが3000語から10000語になりました。

ホントにうれしい成果です。

ただ、眺めて発音しただけ。
愚直にそれを繰り返しただけです。

覚えようとしていたら、挫折していたことでしょう(笑)

今までと違ったのは、覚えようとしなかったのでストレスフリーなこと。
あとは、単語を見て読むだけというシンプルだったことが継続に繋がったのだと思います。

とにかく、始めたときは負荷を軽くする。
ハードルを自分ができるところまで下げておくことが重要です。

毎日できる作業に落とし込めば、繰り返していたら絶対に覚えることができるのですから。

先ずは、毎日できるように習慣化するようにしてください。
私の場合は、朝の通勤電車、夜の帰宅時。

1時間やりました。

余裕がでてきたら、お風呂でリラックスしながらやりました(笑)

 

まとめ
【英単語の暗記】究極の英単語Vo.2を実践【2か月で余裕な方法】

今回は、究極の英単語シリーズの紹介を行いました。

単語帳は、極論覚えられればなんでもいいと思います。

ただ、究極の英単語は語彙量が豊富です。

沢山覚えたい人には、おすすめの単語帳だと思いますよ。

-英語学習

© 2021 まさブログ Powered by AFFINGER5