海外ドラマ・アニメ

「生殺与奪の権を他人に握らせるな」は英語でなんという?【富岡義勇】

2020年11月20日

鬼滅の刃の名言・セリフを英語吹き替えでどうなるの?生殺与奪の権って英語でなんて言うの?誰か詳しく教えてください。

 

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

・生殺与奪の権を他人に握らせるなって英語でなんて言うの?
・他の言い方はないの?
・外国人の友達と英語版鬼滅の刃を見ている話|英語学習は楽しむもの
・まとめ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、社会人になってからの英語歴は1年6ヶ月ほどです。
TOEIC400台から6ヶ月で英語が話せるようになり、海外出張ができるようになりました。現在は毎日ルーマニア人の友達と英会話を話していますよ。

 

この記事では、生殺与奪の権を他人に握らせるなというフレーズについて、英語でどのように言うかを誰にでも分かるように分かりやすく解説していきます。

 

鬼滅の刃の英語フレーズに興味がある人やアニメで英語を学んでいる人は、本記事を読むことで英語の言い回しが分かりますよ。

 

 

※鬼滅の刃の英語タイトルに興味がある人は、英語学習できる動画配信サービス【徹底解説】で詳しく解説していますのでこちらもチェックしてみてください。

 

生殺与奪の権を他人に握らせるなって英語でなんて言うの?

鬼滅の刃の第1話より、丹次郎が富岡義勇に土下座して禰豆子を殺さないでくれと頼みこむシーンですね。

生きるか死ぬかの状態のときに丹次郎がとった行動に激怒した義勇の一言です。複数の言い方がありますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

生殺与奪って?

生殺与奪は、日本語でさえほとんど使わない言葉でしょう。非常にむずかしいです。

他人に対して「生かす」か「殺す」かを選択できる権利のこと。俗に「相殺そうさい」と同様「せいさいよだつ」と読むという説もある。

引用:wikipedia

ひれ伏すってなんていうの?

ひれ伏すって、英語でなんて言うのでしょうか?ちょっと、日常英会話では出てこない表現ですよね?ここでは、むずかしい語句や文法を紹介していきましょう。

・to grovel ~            ~を握らすな!
・to give A B              AにBを与えるな!
・the chance to ~  ~チャンス

「grovel」は、ひれ伏す、服従するといった意味があるそうです。与えるは、おなじみのgiveを使うと良いでしょう。

英訳すると?Don't grovel like that give your enemies  the chance to kill you!

英訳すると、Don't grovel like that give your enemies  the chance to kill you!となります。

Don't grovel like thatでそのようにひれ伏すな!となります。これは、炭治郎が土下座をして敵に背を向けてしまっていることに対していっています。

give your enemies the chance で敵にチャンスを与えるなですね。to kill youであなたを殺ろそうとしているという意味になります。

英訳すると、あなたを殺そうとしている敵にそのようにひれ伏すなという意味になりますよ。なので、生殺与奪の権を他人に握らせるな!となるのですね。富岡義勇さんの言葉、カッコいい~、半端ない!

他の言い方はないの?

他にも、別の言い方がないか独自に調査してみました。すると、他にもいろいろな言い方があることが分かりました。やはり、日本語を英語に訳す都合上違った言い方があるみたいですね。

それでは、別の言い方についても詳しく見ていきましょう。

Don’t ever give others a chance to murder you

先ずは、Don’t ever give others a chance to murder youです。最初のフレーズよりも、シンプルになったイメージがしますね。everでしっかりと強調しています。

give others a chanceは、他のものにチャンスを与えるなですね。これは、さきほどの英訳とほぼ一緒です。違うのは、殺すという単語がto murder に変わったことぐらいでしょう。

・ever                 決して(強調)
・to murder                殺す

Never leave yourself so defenseless in front of an enemy

次に、Never leave yourself so defenseless in front of an enemyです。さきほどの文構造とは、大きく変わりました。Never leave yourself so defenseless で決しておまえ自身無防備になるなということですね。

そして、in front of an enemyで敵の前でとなります。これは、海外の漫画版に使われているそうです。少し意訳が入っていますね。

・defensless               無防備な
・in front of~                 ~の前で

You can't grasp the authority over someone else's life and death

最後に、You can't grasp the authority over someone else's life and deathです。You can't grasp the authorityで権力を掴むことができないとなります。over someone else's life and deathで誰かの生死を超えてです。ちょっと、よく分からないですね(笑)

・grasp~                      ~を掴む
・authority                          権力

こちらも、海外の漫画版に使われているそうです。直接的ですね。

 

外国人の友達と英語版鬼滅の刃を見ている話|英語学習は楽しむもの

私は外国人の友達と英会話を毎日しています。2019年の10月から始めて、早いもので1年が過ぎました。現在は、鬼滅の刃の英語版アニメを使って英語の聞き取りをやっています。聞き取りはとても大変だけど、ラインのテレビ電話を使って楽しみながらやっていますよ(笑)。

まとめ

本記事では、生殺与奪の権を他人に握らせるなって英語でなんて言うかを解説しました。鬼滅の刃の英語を知りたい人は、こちらの記事も見てください。

 

煉獄さんの有名なセリフに興味がある人は、心を燃やせの英語は何という?【鬼滅の刃から学ぶ】で詳しく解説していますのでチェックして見てください。

-海外ドラマ・アニメ

© 2021 まさブログ Powered by AFFINGER5