未分類

リスニングで聞き取れないでイライラする【理由と解決法】

英語のリスニングが聞き取れない。とても、イライラしてしまう。だれか聞き取れない理由と解決法を教えてー。

こんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・英語を聞き取れ理由
・聞き取れるようになる方法
・まとめ

 

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、社会人になってからの英語歴は1年6ヶ月ほどです。
TOEIC400台から6ヶ月で英語が話せるようになり、海外出張ができるようになりました。現在は毎日ルーマニア人の友達と英会話を話していますよ。

 

この記事では、英語が聞き取れない理由と解決法を分かりやすく紹介します。

 

※アニメでリスニングに興味がある人は、鬼滅の刃の英語字幕【動画配信サービスまとめ】で詳しく解説していますのでこちらもチェックしてみてください。

 

 

リスニングで聞きとれない理由は?

リスニングで聞き取れない理由は、2つあります。

2つとも、「音」の変化です。
音が変化して、分からなくなるのですね。

さっそく、詳しく見ていきましょぅ。

リエゾン

リエゾンは、「音」のつながりです。

単語と単語が繋がることで、音が変化します。

リンキングとも言います。

話すときに、発音しやすいようにリエゾンが発生するのです。
たとえば、「When I was a kid」の発音は
ウェン アイ ワズとは、言わず

ウェナイ ワズと「n」と「I」がくっつくのですね。

リダクション

リダクションは、省略です。

リダクションも、言いやすく話すために使われます。

「I got it」は、アイ ガット イットではなく
アイガッディットと発音します。

よく「t」が省略しますね。

日常会話でよく出てくるリエゾン一覧

ここでは、日常会話でよく出てくるリエゾンを紹介します。

・can I  キャナイ
・have a  ハヴァ
・what are you ワラユー
・going to ガナ
・want to ワナ
・should have シュダ
・would have ウダ
・could have クダ

 

英語を聞きとれるようになるためには、音声を真似する

英語を聞きとれるようになるには、音を正しく理解することです。

音を理解さえすれば、驚くほどレベルが上がりますよ。

では、音を理解する練習を紹介します。

音読

先ずは、音読ですね。

音読は、音をインプットする練習です。
発音、リズムが頭にしみわたります。

自然と、リエゾンとリンキングを学べますよ。
もちろん、お手本を聞く必要がありますが(笑)

シャドーイング

もう一つは、シャドーイングです。
シャドーイングは、ちょっとレベルが上がります。

ただ、効果はとても高く通訳者が使う程の練習法ですよ。
練習すれば、誰でもレベルが上がるのは保証されているのです。

発音を聞き取れない理由を紹介

つぎに、発音を聞き取れない理由をざっと紹介しますよ。
なぜ、聞き取れなくなるのでしょうか?

主な理由をリストアップしましたので
解説していきましょう。

単語を知らない

先ずは、単語を知らない。
分からない単語は、聞き取りできるのは不可能ですね(笑)

発音が分からない

次に、発音が分からない。
単語を知っていても、発音がしっかりしていない場合です。

独自の発音になりがちな人は、注意です。

スピードについていけない

次に、スピードに追い付けないことです。
脳の処理できない。

これは、慣れですね。

なまりを知らない

最後は、なまりです。
なまりは、英語にもあります。

大阪弁、東北弁みたいなものですね。

これは、なまりの英語を聞く必要があります。
でも、これはあんまり気にしなくていいでしょう。
英語で言う標準語をまなべばいいと思います。

まとめ

今回は、英語を聞き取れない理由と解決法を紹介しました。

ちゃんと理解して、練習していけば徐々に分かるようになりますよ。

サウスパークのスクリプトで英語学習【具体的な手順を5ステップで解説】

-未分類

© 2021 まさブログ Powered by AFFINGER5