英語学習

英語聞き取りのコツ【おすすめの5つのステップ】

2020年11月23日

英語聞き取りのコツって何かなぁ?おすすめの方法ってあるのかなぁ?誰か詳しく教えてください。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・英語聞き取りコツ【おすすめの5つのステップ】
・英語が聞き取れるようになる勉強法
・まとめ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、社会人になってからの英語歴は1年6ヶ月ほどです。
TOEIC400台から6ヶ月で英語が話せるようになり、海外出張ができるようになりました。現在は毎日ルーマニア人の友達と英会話を話していますよ。

 

この記事では、英語聞き取りのコツについて、誰にでも分かるように分かりやすく解説していきます。

 

英語の聞き取りが苦手な人や聞き取りができるようになりたい人は、本記事を読むことで英語の聞き取りのコツが分かりますよ。

 

 

※リスニングのコツについて興味がある人は、英語のリスニングのコツ【おすすめの勉強法】で詳しく解説していますのでこちらもチェックしてみてください。

 

英語聞き取りのコツ【おすすめの5つのステップ】

さっそく、英語聞き取りのコツを紹介していきます。

おすすめの方法が5つありますので詳しく解説していきましょう。

日本語に訳さない

1つ目は、日本語に訳さないことです。

日本語に訳すということは、時間が掛かってしまいます。

ですが、会話は止まってくれませんので、どんどん訳すのが間に合わなくなっていくことでしょう。

語順のまま、英語のかたまりを意識して聞く

2つ目は、語順のまま、英語のかたまりを意識して聞くことです。

聞いた語順のまま、意味を捉えていきます。

もちろん、日本語に訳してはいけませんよ。

強弱に集中して、強調されているところを聞く

3つ目は、強弱に集中することです。

そして、強調されたところに注目しましょう。

基本的に大事なところが話されていますよ。

出だしでぼーっとしない

4つ目は、出だしでぼーっとしないことです。

出だしに躓いてしまうと、そのまま分からないで終わってしまうこともあります。

最初は、とくに注意しておきましょう。

分からなくても、焦らない

5つ目は、分からなくても動じないことです。

そもそも、100%聞き取ろうと思うと余計聞き取れなくなりますよ。

多少聞き取れなくてもいいと思うことで、心に余裕が生まれます。

英語が聞き取れるようになる勉強法

次に、聞き取れるようになる勉強法を紹介しておきます。

さきほどは、コツなので即効性がありますよ。

ですが、その分実力をはるかに上回る効果はありません(笑)

なので、ちゃんと実力をつける必要がります。

発音矯正

1つ目の方法は、発音矯正です。

発音が正しくできるようになると、自然と音を聞き取れるようになるからですね。

 

リスニングの勉強に興味がある人は、【完全版】英語初心者におすすめのリスニング勉強法と教材【5ステップで解説】で詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

音読

2つ目の方法は、音読です。

音読は、語順のまま英語を理解できるようになりますよ。

さらに、英語脳を養うこともできます。

 

音読に興味がある人はサウスパークを使った勉強法もあるので、サウスパークのスクリプトで英語学習【具体的な手順を5ステップで解説】をチェックしてみてください。

まとめ

本記事では、英語聞き取りのコツを紹介しました。

一朝一夕では、できないかもしれませんがコツコツ継続していきましょう。

 

-英語学習

© 2021 まさブログ Powered by AFFINGER5